ちょっと回顧録
10代は早く大人になりたかった。
大人になったら自分自身の人生を生きられると思った。

20代は一人前になりたかった。
自分に何ができるかは未知数だったけど、
何にでもなれる可能性だけは無限にあった。

20代でやったこと。
大学生。自費出版物の編集。ダンサー。学生演劇。
銀座のミニクラブのチーママ。
モータースポーツ中心の企画。
DTP。WEB製作。報告書製作の代行。
広告代理店のイベント管理。
コンピューター関連企業のコンベンション事務局。

同業他社の女性陣に「辞めないでね」ってよく言われてた。
それくらいきつい仕事だったから。

この頃はとにかく実年齢より年上に見えるように頑張ってたなあ。
イベント制作はずっと事務局の責任者だったので、
若く見えるのは絶対に損。
若い女なんて許されないのだ。
服装もバリキャリ。
自信がなくてもハッタリかまして。

煙草なんて吸わないのに、どこに行っても灰皿出されていた。
咥え煙草でキーボード叩いているイメージだったんだって。

できることはなんだってやった。
ほんとに寝なかった。休みなんてなくてもよかった。
仕事だけど毎日が合宿みたいな日々。
苦しいけど楽しかったんだなあ。

この頃に身に付けた技術は今でも役に立っている。
経験して無駄になるものなんて何もない。


それでも、ちょっとでも時間があったら小唄のお稽古に行った。
歌舞伎を観に行った。
桐箪笥の中身だけは増えた。

社会人になって10年経った30代。
ふと、ほんとにやりたいことはなんだったっけと思った。


好きなものはなんだったろう。
やっぱり着物。歌舞伎。

こんなに寝ないで仕事するなら、
こんなに仕事を頑張るんなら、
ほんとに好きなことをしたらいいんじゃない?

で、呉服屋を始めた。
呉服屋といっても企業コーディーネーターのようなもの。
小さな染屋さんや小さな機屋さんの商品を
小売店さんに紹介して。
小売店さんにはお客様をつくる方法をアドバイスして。
広告作って。
イベント主催して。
きもの雑誌によく取材してもらったのも、この頃。
きものサロン

ところがここで、ちょっとけつまづく。

あまりに人間関係が面倒になったので(笑)
お寺で隠遁生活を送ること1年。
八王子のお寺さんで1年間のんびり庶務などさせてもらって。
今までで一番のんびりした一年間だったかもしれない。

不惑の40歳。
そろそろ呉服に復帰しようとお寺さんから引いた。
にも関わらず、神楽坂のワイン輸入会社に入ることになり。
そこのワインバーに立つことになり。
あっという間の2年間。

そして、芸者。

いつでも力になってくれる友人がいて。
力を貸してくれる仕事仲間がいて。
たくさんの方がたくさんのご縁を繋いでくれて。
迷惑もいっぱいかけて。
今の自分がいる。

感謝することばかり。

人生って面白い!
| これまでのこと | 23:09 | comments(0) | - | pookmark |
ええ、私、ブスでした。
「ブス」ってなんでブスって言うか、知ってますか?

語源由来辞典によると。

ブスは「附子」。漢方でも使われるトリカブトの根を乾した生薬のことで主に強心・鎮痛剤として用いられるが、猛毒のアルカロイドを含んでいるため、弱毒処理をせずに飲むと神経が麻痺してしまう。この麻痺して無表情になった顔のことをブスと呼ぶようになったと言われる。
狂言の演目にもありますね「附子」。

本来は顔の造作のことではないのです。
造作の場合は「不細工」ね。文字通り細工がよろしくないってことです。

ええ、私、ブスでした。
15歳くらいから30歳あたりまで。
長かったですね、15年間もブスだったなんて。

ずっと同じ顔ですし(←当たり前)整形もした覚えがないので、
今、写真で見ると確かに今とそれほど変わらない顔をしています。
でも、自分にとってはまったく違った顔に見えていたのです。

ブスになった原因ははっきり覚えています。
高校生になったある日。母が私に言いました。
「こねんなきちゃねー顔の子はうちにはおらん。どげんしたらこねーにきちゃねー顔になるん」
岡山弁です。
翻訳すると、こんな汚い顔の子供は自分の身内にはいない。どうしてこんな汚い顔になるの。

その頃の私はかなりひどいニキビに悩まされていました。
何をしたって治らない。
加えて母の一撃。
一撃必殺。

母に悪気はないのです。
ニキビにはこれがいいからと言われればせっせと買ってきてくれましたし。
ただ表現がねえ、ちょっとねえ。

思春期の女の子にこれは刺さりまくりですよ。グサッグサッグサッ。

私ってそんなに汚いんだ。ブスなんだ。
こんな不細工じゃあ誰も私のことを好きになってくれない。
友達だってできない。(←飛躍しすぎw。でも高校生ですから)

そして完全に刷り込まれてしまいました。

人前に出るのも嫌、話をするのも嫌、写真なんて絶対嫌。

このニキビ、20歳になる頃にはきれいさっぱり消えてなくなりました。
原因はホルモンバランスの崩れだったみたいです。

しかし、ニキビは消えても一度刷り込まれた「私はブス」は消えません。
自分でブスだと思っているから、どんどんブスになる。
近所のおばちゃんに美人だと言われても嘘だとしか思えない。
今、その頃の写真を見てもけして不細工ではないのですが、そんなところは見ちゃいない。

言葉ってすごい力を持っているのです。
この言葉の呪縛から逃れるのに15年もかかりました。
いろんな方の助けていただいてやっと刺さった棘を抜くことができたんだと思います。

でも、私はほんとにブスだったなあ。
どんなに若いときに戻してくれるって言っても戻りたくない。

ブスだと思っているからブスだった。
ブスだと思えばブスになる。
綺麗だと思えば綺麗になる。
かわいいと思えばかわいくなる。


全部決めているのは自分です。

今の私の「美しく年齢を重ねるための習慣」。
毎日何度も鏡を見て自分に
「きれいだね」
「かわいいね」
「美人だね」
「カッコイイね」
って言ってあげること。
必ず声に出して、ね。

目も耳も口も手も総動員した方が効果があります。
「今日はここがかわいい」とか具体的に言えるくらいになればOK。
良い情報を心に刷り込みましょうね。

| 自分スタイル | 12:49 | comments(0) | - | pookmark |
ウォーキングレッスン
姿勢が良いと若々しく見えますよね。
私はとても姿勢がよいらしい。
「ほんとに姿勢がいいわね」って
よく褒めてもらいます。

これって元々じゃありません。
長年の努力の結果です。

私の母は若いころからあまり姿勢がよくなくて、いつも猫背。
年を取った今では絵にかいたようなぽっちゃりおばあちゃんです。

高校生の私は「自分だって同じようになるんじゃないか」
そう思ったのです。
その時から努力が始まりました。

田舎だから手に入る情報は本くらい。
いろんな本を読んで、自分なりに鍛えて。

目標はマドンナでした。

MADONNA

とにかくカッコイイっていうのが目標。
カッコイイ体型。
カッコイイ立ち方。
カッコイイ歩き方。

入った大学の専攻が「舞踊教育」でしたからこれに拍車がかかって。
解剖学、運動生理学、体育原理、舞踊芸術学、民族舞踊学…

駆使しましたね。
自分がカッコよく見えるために。
そして、今の塩見文枝ができあがっている。

カッコよく見えるために。
もう完全に習慣化しています。


でもちょっと待って。
完全に自己流で作り上げてきた姿勢って、大丈夫なんだろうか。
急にそんなことを思ったりして。
ちょっとメンテナンスしたいなーとも思ったり。

気になったら行くしかない。
美しく歩くための「ウォーキングレッスン」

選んだのは「エイコウォークの1dayレッスン」です。
名古屋の澤崎さんのレッスンも気になったのですが、まずは近場で。

「エイコウォークの1dayレッスン」では最初に骨盤の構造などの座学があって、
そのあと壁を使った姿勢のチェック。
床を使った姿勢のチェック。

参加者は6名で私以外は20代の女の子だったけど、
このチェックを全部問題なくクリアしたのは私だけ。
そりゃそうだ、自分の歩き方が気になるからレッスン受けに来てるんだから。

エイコ先生からは「何か運動をやってましたね」って。
すぐにわかってしまうくらい違いが出るものなんですね。
自分でいろいろチェックできて、間違ったことはやってないなって思えて一安心。

そして、ウォーキングの基本レッスン。
オリジナルメソッドの「クロスバランス」が面白かった。
わかりやすくて面白いレッスンでした。

美しくなるためのウォーキングレッスン、おススメです。


エイコウォークのサイトは http://www.eikowalk.com

澤崎さんの美脚ウォーキングはこちら http://bikyaku-walking.com/
| 姿勢 | 17:33 | comments(0) | - | pookmark |
まずはスマイル
ほぼ日手帳のおまけで「スマイルミラー」なるものがあって、これが好き。
鏡としてはちょっと使えない(笑)のですが、この発想が好き。

笑顔の素敵な人って魅力的です。
どんなにカッコイイ人より、どんな美人より笑顔のチャーミングな人が好き。

人間、見た目です。
見た目はとっても重要。

人の外見にはその人の生活や習慣、そして生き方が出るからです。

いつも笑っている人は目尻に笑い皺ができます。
いつも笑っている人は口角が上がっています。
いつも笑っている人は頬がふっくらしています。

いつも人の悪口を言っている人は口が歪んでいます。
いつもしかめっ面をしている人は眉間に縦皺が刻まれます。
いつも不平不満を言っている人は口角が下がっています。

そう思いませんか?

顔を構成しているのは顔の筋肉です。
筋肉の上に皮膚がのっている。
長年繰り返した筋肉の動きがその人の顔を作り上げていくのです。

水泳選手が肩に筋肉がついてスイマー体型になったり。
野球選手が腿の筋肉が発達して特徴的な体型になったり。
体型を見るとああ、あのスポーツをやってるのね、
とわかりますよね。

それと同じです。

長い間続けてきた表情が筋肉のくせとして固定されて
その人の顔をつくります。

目尻の小ジワはない方がいいけど、目元の笑いジワはあった方がいい。

皺ができるから口元だけで笑いなさいって言われますが、
私には、それは無理。
だって、目は口ほどにものを言う、ですよ。
目が笑っていない笑顔はちょっとご遠慮申し上げたい。

私の笑顔は
私自身を元気にして
私の周りの人も元気にします。

あなたの笑顔は
あなたを元気にして
私にも元気を分けてくれます。

実は笑顔だって習慣です。
自分で訓練することができます。

楽しくもないのに笑えないよ、って思わないで。
笑っているから楽しくなることだってあるのです。
最初はちょっと無理してでも笑顔を作ってみてください。

いつ頃からだったでしょうか。
私も最初は無理矢理に笑っていました。
嫌なことがあっても、辛いことがあっても、笑ってみる。
繰り返しているうちになんだか辛いことも大したことなかったなーって
思えるようになってきました。

PCの前に座っているときでも、
本を読んでいるときでも、
ちょっと口元だけでも笑ってみる。
習慣ですから。

「笑う門には福来る」

笑顔を重ねると魅力的な顔になります。
ほっぺふっくら、口角がキュッ。

smail
| 自分スタイル | 23:23 | comments(0) | - | pookmark |
私が芸者になった訳
ほんの30年ほど前まではどこの街にも花柳界があって、大勢のの芸者衆がいました。
昭和30年代は花柳界の数は少なくとも東京都心で28ヶ所、近郊に54ヶ所。
赤坂だけで300名以上の芸者衆がいたのです。

それが今では絶滅危惧種に近い職業です。
テレビや雑誌でしか見たことの無い職業ではないでしょうか。それも京都の舞妓さん、芸妓さんくらい。
東京に芸者がいるのを知らなかったという方も多い。
誰でも知っている職業なのに、見たことはない。会ったこともない。

特殊な職業だからでしょうか。
よく尋ねられるのです。
「どうして芸者になったの?」

赤坂金龍で。

だって、芸者になりたかったんだもん。

できれば18歳でお披露目して半玉を何年か務めてから芸者になりたかった。でも、そのチャンスはなかったのです。
いえ、そのころはそれほど本気じゃなかったのでしょうね。
本気だったら私のことですから絶対に18歳で半玉になってます。

大学にだって行きたかったし。
役者になってみたかったし。
ダンサーにもなりたかったし。
デザイナーにだってなってみたかったし。

仕事も仕事じゃないことでもいろんなことを経験しましたよ。そりゃあもう一冊本がかけるくらい。

そのなかでご縁があって、赤坂のよし子姐さんの初めてのライブをお手伝いすることに。
1年間毎月ライブをするという目標を立てての月例ライブ。
たいへんだったけど楽しかった。

1年間のライブも無事にやり終えた、ある日、よし子姐さんが前触れもなくこう切り出したんです。

よ「ねえねえ、あんた芸者にならない?」
ふ「えっ? 」
よ「ライブのときあんなに芸者に間違えられて、どこの芸者さん? どこの町の妓?って言われてたんだから」
ふ「えええっ?!」
よ「なっちゃいなさいよー」
ふ「…お姐さん。私がいくつだかご存知ですよね?」
よ「大丈夫よー」
ふ「何も芸事ができませんが…」
よ「芸者になってからお稽古すればいいのよ」
ふ「……(半信半疑)」
よ「私が引き受けるから!」

で、芸者になってしまいました。

芸者になってほんとによかったと思います。
楽しい。めちゃめちゃ楽しい!
天職!

お稽古が好きなだけできます。時間と費用の許す限りどれほどお稽古しても褒められこそすれ怒られることはありません。
お稽古したことはお座敷ですぐに生かせます。
それを喜んでくださるお客様がいらっしゃいます。
接客業、大好きです。
大好きな着物が仕事着。綺麗な拵えが身上です。
日本髪に引き着。もう言うことありません。

たいへんなことはたくさんあります。
でもそんなのはこの楽しさに比べたらなんでもありません。
悔しいことがあってもワーって泣いて、お姐さんに愚痴を聞いてもらえばそれでケロッとしていられるくらいなもの。

よくよく思い出せば小さい時から芸者に憧れていたんですよね。
正確には時代劇に出てくる芸者さんに、ですけど。

長くなるのでその話は、また。
| これまでのこと | 23:12 | comments(0) | - | pookmark |
若いってなんだろう
アンチエイジング。スローエイジング。5歳若く見える。

いろいろ言われていますが、そもそも「若い」ってどういうことでしょう。
もともとの「若」という漢字は、草に右手。
右手で菜を選び取る、摘むこと。音の同じ「汝」に通じて「なんじ」、「如」に通じて「ごとし」の意味にも。
「若い」という意味は日本独特のやまとことばで借字なんですね。



「若い」という言葉から私が連想するもの。

元気な、溌剌とした、活動的、青い、明るい、生き生きとした、無鉄砲、無分別、勢い・・・

すべて行動を表す言葉です。
ここには「シワがない」とか「髪が黒い」とかは入ってこないんですよね。(笑)
私にとって若いとは、

夢があって、生き生きしていて、楽しい

ということ。

そして、

姿勢が良くて、自分にあった体型をキープしていて、笑顔がステキで、明るくて、いつも何かに挑戦していて、好奇心旺盛で、元気いっぱい

なら若々しく見えます。
こういう若々しい人といると周囲の人まで楽しくなります。
美容整形で手を入れたところで見た目は綺麗になるかもしれませんが、若々しくはなりませんよね。

私自身はかなり若く見られます(お世辞も含めてw)が、年相応にはシワだってあるし白髪だってあります。
それでも若く見られるのです。
正確には若く見られるようになった、ですけど。
30代までは年上に見られていました。それも努力して。

見た目年齢はコントロールできます。
自分で実践してきましたから断言できます。
30代の自分は実年齢より10歳年上に見えるように頑張りました。
40代の今は実年齢より10歳若く見られるように努力しています。

若く見えるって素敵なことですよ。
その話は、また。
| 自分スタイル | 12:56 | comments(0) | - | pookmark |
夢のかなった日
2010年6月8日。
赤坂で一春本からお披露目しました。
わかりやすく言うとこの日、芸者になったということです。
所属は東京赤坂組合。
置屋は一春本(かずはるもと)。
芸名は「ふみ香」です。

芸者は接客業ですので風俗営業法の対象で18歳からしか働くことができません。
京都だけは条例で15歳から働くことができますけど。

一番若ければ18歳で芸者(年齢的には半玉)になります。
20代も半ばになると芸者としては遅いデビューと言われます。
にも関わらず、私が芸者になったのは42歳のとき。
遅いにもほどがある。

芸者が年を表明しちゃいけないんですよ。
夢を売る商売ですからね。
現実の世界に生きていてはある意味いけない。
でも、この年でこれならいいんじゃない? と思ってもらえたらいいのではないかしら。というか隠し事のできない性格でついつい言っちゃうんですよね。

お披露目の前のときにはご挨拶に回ります。
これからお世話になる料亭さん、一緒に働かせていただく先輩の芸者衆、置屋さん。
ご挨拶に伺った時に大先輩のお姐さん(お姐さんと言ったら芸者衆のことです)に言われた一言。
「遅いっ!芸者になるならもっとさっさといらっしゃい」
その通りです。
もっとさっさとなりたかったのですよ。
でもね、チャンスをつかみ損ねてました。

くだんのお姐さんのお言葉、意地悪じゃないのです。
もっと早く芸者になればいろんなことができたのに、仕事だってたくさんあったのに、年を取ってから芸者になったら苦労するのよ、とまあそんなことが含まれているのです。

とはいえ、紆余曲折を経て、ずっと憧れていた芸者になりました。

2010年6月8日。
芸者・ふみ香の生まれた日。
この日は私の長い間の夢がかなった日です。

| これまでのこと | 00:58 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

PROFILE

SEARCH

MOBILE

qrcode